宣伝プロモーターの求人と仕事内容

宣伝プロモーターの仕事内容

宣伝プロモーターは、
新たに発売するアーティストの新曲CDやDVDの
宣伝活動を行う仕事です。具体的には、

テレビ番組への出演交渉や、雑誌のインタビュー記事、
ラジオ局で音楽を流してもらう交渉を行ったり、
より多くの媒体に露出させ
CDの売上に貢献していく事がミッションとなります。

mv_cyclical_bottom_in_sight_in_music_industry

レコード会社によっても異なりますが、
担当するアーティストは1人ではなく、
邦楽部門や洋楽部門、または音楽制作部ごとなど、
複数のアーティストを担当することが一般的です。

また、テレビ局、ラジオ局、雑誌社など
各媒体ごとに担当者が変わる場合もあります。

それぞれの媒体担当者が、媒体の責任者との関係を築き上げ、
レコード会社全体として、
その時期に会社として売り込むべき
優先度の高いアーティストや作品を売り込みを行い、
組織としての効率化を図っています。

スポンサーリンク

宣伝プロモーターの求人

レコード会社の中では、比較的、募集をしている機会が多い職種です。

その為、音楽関係に特化した求人サイトを見れば、
随時、いずれかの大手レコード会社の求人情報を見つける事ができます。

音楽業界での経験や宣伝業務そのものの経験を問われるケースが大半ですが、
必ずしもそれだけではない企業もあります。

そのあたりは、転職エージェントに相談してみましょう。

求められる経験や人材像

テレビ局やラジオ局や雑誌社など、
マスコミ媒体の方たちと良好な関係を築いていく必要がありますので、
対人コミュニケーション能力が求められます。

また、音楽業界での業務経験がなくても、
特にマスコミ業界からの転職者であれば、
人脈や経験をダイレクトに生かすことができる為、
優遇される傾向にあります。

マスコミ業界は、勤務時間が深夜に及ぶ事が多い点で、
レコード会社や芸能関係の仕事と近いものがあります。

仕事と生活のリズムのバランス感覚が似ているという事も、
優遇される理由の1つです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加