ライブ制作会社(イベンター)関連の求人情報

スポンサーリンク

ライブ制作スタッフの業務内容

ライブイベント制作関連の業務は、
アーティストのコンサートやイベントの企画制作、
チケットのセールスプロモーション、協賛企業獲得営業マン等があります。
ライブ画像

ひとくくりにライブイベント関連の仕事と言っても、
その業務は、
レコード会社や、アーティストが所属する芸能プロダクションだけでは成立しません。



1つのアーティストのコンサートにおいても、
コンサートやイベントを企画する会社、チケット販売を扱う会社、
音響やステージの演出や制作を行う会社、
当日イベント会場の運営や設営をする会社等、様々な会社が関わっています。

また、会社に所属せず、フリーランスとして活動している舞台監督や、
イベントの企画や演出を考えるプロデューサーが関わる事もあります。



ライブイベント制作担当者は、
このような様々な関係者との窓口となり、
イベントを無事に成功させ、
より多くの収益を上げることがミッションとなります。



しかし、ライブイベント企画の機能は、レコード会社にある訳ではありません。

芸能プロダクションなど様々な機能を持つ大手レコード会社が、
より社内のコミュニケーションを円滑に行い、
収益を最大化するために、ライブイベント企画の機能を持っているのです。



代表的なのが、エイベックスです。
エイベックス・ライブ・クリエイティブ(ALC)という会社機能を保持しています。



なお、
ライブ制作会社によっては、
アーティストごとにライブイベントの担当者がいることもあります。

また、CDを始めとする音楽コンテンツが売れない昨今ですが、
新たな収益を得る機会を模索している音楽業界の中で、
近年、ライブビジネスがとても注目されています。



コンサートグッズ販売、DVD販売、テレビ放送、ダウンロードなど
映像コンテンツによる収益、ファンクラブの会員促進、
フェス開催による新規ファンの獲得機会など、ライブビジネスには、
チケット収入以外の様々な収益機会が得られるからです。



そのためレコード会社によっては、
新たなライブビジネスを企画するプランナーを募集している企業もあります。

つまり、ビジネスセンスがある人にとっては、
とてもチャンスが大きい業種であると言えるでしょう。

ライブ制作スタッフの求人について

ライブイベント関連の業務は、
レコード会社ではなく、専門のイベント企画制作会社が行う事が一般的です。



転職を考えている方は、
ライブイベントに於いて具体的に自分がどのような仕事をしたいのかによって、
応募する会社を選ばなければいけません。

まずは、人材エージェントに登録して、
「ライブ関連の仕事」のオファーを希望しましょう。



様々な機能を持つ大手レコード会社の場合、
音楽業界に特化した求人サイトで、稀に募集を行っている事がありますが、
自分のやりたい業務が、レコード会社ではできない場合もあります。

レコード会社以外のイベント関連会社など、
視野を広げて企業を選ぶ必要があります。

求められる経験やスキル

異業種からの転職も広く受け入れています。

ただ、ライブの企画やチケットプロモーション業務は、
メディアに関わる業務(宣伝・広告・テレビ関連・出版関連)の経験が
優遇されることがあります。



また、ライブやイベントは、
準備の段階から業務が早朝から深夜に及ぶ場合もあります。

会場で急なトラブルが発生し、対応が求められる場合もあります。
華やかなイメージのある業務ですが、
正解がなくて、自分で正解を創っていく仕事となりますので、



体力や根気と、
様々なスタッフとコミュニケーションを円滑に行うスキルも求められます。

ライブ関連の仕事は、転職エージェントが求人情報を取り扱っているのが
一般的です。

その中でも、業界に特化した【マスメディアン】に多く求人情報が
集まるようです。

まずは、登録して情報収集だけでも利用することをおススメします。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加