エイベックス社員の、ありふれた日常とは・・・

エイベックスに入社しようと考えたときに、
まず不安になることは「社風に合うかな?」ということだと思います。



実際、それぞれの会社に特有の社風があって、
なかなか外からはどんな雰囲気なのか見えないですからね。



では、エイベックスはどんなのかと言うと・・・



まず、
パッと見は大学のサークルみたいな雰囲気を醸し出しています。

服装や髪形は完全に自由、
いろんなファッションやヘアスタイルを目にします。

だから、男性も女性も見た目年齢がエライ若くて、
実年齢不詳の方が多いです(笑)。



そして部署にもよりますが、
音楽制作系はほとんど会社の席に着いていることが少ないです。

社内はがらーんとした雰囲気の日もたくさんあります。

ガラーンとした社内



そもそも基本的な勤務時間が、
朝11時から夜7時と、かなりホワイトな会社です。

朝は遅いし、夜は早い。

夜遊び好きな社員が多いのを見越しての
勤務時間体系なのでしょうか。



しかも休憩時間も特に決まっていないので、
そのあたりは自分に裁量があります。

それに甘えてランチタイムがついつい長くなってしまう社員も
往々にしているようです。



ちなみに朝礼は、月に1回だけしか参加しなくてOK。

その朝礼も、
社長の面白い話、ためになる話が聞けて毎回楽しみです。
なんか、バラエティ番組を生観覧している感じといえば
伝わるでしょうか。

朝礼風景

それから上下関係について。

一昔前、2000年代までは
ガチガチ・オラオラの体育会系な感じだったらしいのですが、
2010年以降はそのへんはふつーの会社ぽくなり、
割と和気あいあいな感じになってきています。

不条理な縦社会は、もはや存在しないですね。



嬉しいことに、経費も割と融通が利きます。

ふつーの会社よりも、
一般社員といえど経費枠はかなり使えるほうではないでしょうか。

エイベックスのグループ会社が運営している
レストランも数多くあり、

いろんな特権を感じることができますよ。



ここまでつらつらと書いてきましたが、
これを読んだ人は、何だかすげー良い会社のように感じますよね。

はい、かなり良い会社ですよ。
本音ペースで、そこは全然否定の余地はありません。

多分、エイベックスは日本一素敵な会社だと思います。



会社のネームバリューはあるし、
勤務時間はゆとりいっぱい、服装髪形自由だし、

経費もかなり使える。

しかも東証一部上場企業だから、借金もしやすい(笑)。

ホント、すごい会社だなぁってつくづく思います。


スポンサーリンク

エイベックス がエイベックス たる所以

avex

ただ、ひとつシビアなところを挙げると、

これまで述べてきたような自由さがある代わりに、責任は重いです。



成果はかなり求められ、そこに対する追及も凄いです。

成果に対する意識は、社内全体的にとても強いです。

そこにくじけない限りは、
かなりエイベックスライフをエンジョイできるでしょう。



ただ、この会社の雰囲気に馴染みすぎたら、仮に次に転職するとしたら、、、

エンタメ業界以外の会社だったら窮屈すぎて大変でしょうけどね。。。



おそらく、エイベックスに転職できたら、

「ホント良かった!」と感じる日々が多くなるはずです。

もちろん、公私共々の時間でね。



※そんなエイベックスの転職に強いエージェントは・・・

圧倒的にコチラ ⇒ 【マスメディアン



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加